Q&A
よくあるご質問
Q&A

Q&A式にして解説しています

窓ガラスフィルムの施工を検討されている方から寄せられることが多い質問をまとめ、回答をよくある質問に掲載しております。気になることがございましたらよくある質問を参考にご覧いただき、解決しない質問や掲載されていない質問に関しましては気軽にお問い合わせください。

  • ペアガラス(複層ガラス)に貼ることはできますか?

    施工は可能です。ただし、ガラスの構成によっては、熱割れの問題や施工が困難な場合があります。(網入りガラス・型板ガラス・合わせガラス・Low-Eガラスなど)

  • 風呂場の窓ガラスに貼ることはできますか?

    施工は可能です。

    ただし、常に高温多湿になる場所なので、コーキング剤やシーリング剤で処理をすると同時に養生期間の管理が必要です。

  • 網入りガラスに貼ることはできますか?

    施工は可能です。

    ただし、元々熱割れを起こしやすいガラスなので、熱割れシミュレーションをすると同時にそのリスクをご承知の上でご依頼をいただく必要があります。

  • 窓ガラスのどちら側に貼るのですか?

    通常は、室内側です。(室内側から施工できない場合は外貼り用を用います。)

  • 作業時間は、どのくらい必要ですか?

    スタンダードなフィルムを腰高窓2枚、掃き出し窓2枚程度施工する場合、訪問から退出まで約2時間半です。

    (実際は、使用するフィルムや現場の状況などを考慮して案内します。)

  • 施工当日までに準備することや準備するものはありますか?

    貴金属や現金、その他貴重品類は、人目に触れない場所に保管してください。

    また、窓ガラス付近の家具や装飾品などの移動が必要な場合があります。

  • 貼ってからすぐに効果がありますか?

    遮熱目隠しの機能は効果が出ますが、飛散防止や貫通防止機能は、本来の性能を発揮するまでに養生期間を要します。

    (厚みにもよりますが、概ね1ヶ月程度です。)

  • すりガラスに貼ることはできますか?

    施工自体は可能ですが、フィルムを貼ると光の屈折が変わって透けるようになってしまいます。

    また、斑(まだら)模様になる場合があり、剥離も極めて難しくなるので、施工はおすすめできません。

     

     

  • 型板ガラスなのですが、貼り付けはできますか?

    通常のフィルムは、フロートガラス用なので凹凸のあるガラスには施工ができません。

    型板ガラス用のフィルムで対応します。(ただし、種類に限りがあります。)

初めてのお客様も安心してご利用いただけるよう、窓ガラスフィルム施工に関するお問い合わせが多い質問を、よくある質問に掲載しております。作業時間や施工当日の準備等の施工に関する質問のほか、すりガラスや型板ガラスに貼り付けができるか、フィルムの重ね貼りができるか等の専門的な質問にもお答えしており、気になる点やご不明点の参考にご覧いただけます。

お時間がある際によくある質問へ一度目を通していただき、解決しない質問や掲載されていない質問がございましたら、電話またはフォームより気軽にお問い合わせください。